第1章 スパイの営業術

・営業先へは早めに到着しよう

・持ち込み企画に目をとめてもらう方法

・常にお調子者を演じよう

・アポは相手の通勤途中でとれ

・相手先を確実にオトス方法

・難攻不落の営業先の受付を突破する方法

営業先へは早めに到着しよう

----------------------------------------------------------------
スパイの仕事は“待ち”が多い。

約束の場所には早めに出向き、

周囲の安全を確かめ、

相手の先発隊をチェックする。

一日中歯科医院の待合室にいるようなものだ。


※出典:第1話「悲劇の始まり:前編」
----------------------------------------------------------------

... 続きを読む>>

持ち込み企画に目をとめてもらう方法

----------------------------------------------------------------
怪しい郵便物は必ず目に留まる。
注意をひくだけなら本物を送る必要はない。

送り状には自分と分かるようなヒントを残す。

ヒントの出しすぎは命取りだ。


※出典:第1話「悲劇の始まり:前編」
----------------------------------------------------------------

... 続きを読む>>

常にお調子者を演じよう

----------------------------------------------------------------
敵の前では常にお調子者を演じる。

相手が優位だと思わせるのだ。


※出典:第3話「アイデンティティー」
----------------------------------------------------------------

... 続きを読む>>

アポは相手の通勤途中でとれ

----------------------------------------------------------------
通勤者は最高だ。

通る道は毎日同じ。

ただ待つだけでいい。


※出典:第1話「悲劇の始まり:前編」
----------------------------------------------------------------

... 続きを読む>>

1234 > >>