最新情報 - 映画『犬ヶ島』オフィシャルサイト

TOPICS

好物は、「神戸牛のリブ・アイステーキ」に「抹茶アイス」?!犬たちがユニークで愛くるしすぎる!本編映像到着!

2018.05.28

ウェス・アンダーソン監督が作り上げた犬たちが、互いの好物を明かし合う姿が愛くるしすぎる!!
本編映像が到着いたしました!




少年アタリが島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちと共に、愛犬であり親友のスポッツを救う旅に出るその道中で、犬たちが互いに好きな好物や過去の飼い主について明かし合う一幕を切り取った本映像。レックスは「ドギーチョップ2缶分にビスケットとビタミンをまぜたやつ」が好物だったものの、飼い主は教師でお金がなかった為、たまにでしか食べられなかったこと、キングは広報犬で昔CMに出ていた経験があり、好物は「塩コショウで味付けをした神戸牛のリブ・アイステーキ」、ボスは「焼き鳥タイプのソーセージ」で試合の日は売店でもらっていたこと、デュークは「抹茶アイス」が好物で、飼い主が甘党だったことなどを明かしていきます。しかし、独りで生きてきたノラ犬のチーフに尋ねると、返ってきた答えは「生ゴミ、くず、ガラクタなどの残飯」で、他の犬たちは神妙な面持ちに。すると、その雰囲気を察したのかチーフは昔からノラだったわけじゃないと告白。レックス、キング、ボス、デュークは「本当?話せよ」と興味津々にチーフの元に集まります。仕方ないないといった表情で話し始めるチーフですが...。果たして、チーフの過去とはどんなものなのか?アタリが一休みする傍らでおしゃべりに花を咲かせる姿は、まるで人間のよう!もしかしたら犬たちは、私たちが知らないだけで仲間が集まればこのように会話を楽しんでいるのかも?と思わず想像せずにはいられない、愛くるしさ満載の内容に仕上がっています。

023_IOD_130_FM_0030_v017.0050.jpg豪華ボイスキャストが名を連ねる本作ですが、独立心が強い迷い犬で、予期せぬ行動を取るチーフの声を演じるブライアン・クランストンは、「チーフは浮いた存在だが、偉大な高潔さがある。これは権利をはく奪された犬たちの物語だが、現代の人間にも当てはまる。とてもタイムリーなテーマだと思うね。僕がチーフを好きなのは、希望があれば2度目のチャンスが来ることを教えてくれるからだ。」と解説。仲間の平和の維持を目指すレックスの声を担当するエドワード・ノートンは、「レックスは肝が据わっていて機知に富み、自分が必要なもののために戦いたいと望んでいる」と説明。以前、スポーツ・マスコットだったボスを演じる犬好きのビル・マーレイは、「犬は天国からの贈り物だ。彼らが地上に存在する目的は、彼らの面倒を見る人間を啓発することだ」と語り、話好きで、好奇心旺盛なデュークを演じるジェフ・ゴールドブラムは「デュークはバランスの取れた食事、定期的なグルーミングと健康診断を望んでいる。これは僕が必要としている3点と大体同じだ」とユーモアたっぷりに説明、犬界のセレブだったキングを演じるボブ・バラバンは、「彼は自分のことを多少特別だと感じていたと想像するね」と指摘するなど、自身が演じた犬たちについてそれぞれに分析、独自の見解を明かしています。

アタリはスポッツと再会することはできるのか?世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語をぜひ劇場でご覧ください!

TM © 2018 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。
利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。