最新情報 - 映画『犬ヶ島』オフィシャルサイト

TOPICS

日本特有のビビットカラーにワクワクが止まらない美術の数々!さらには...Google Earthで日本をロケハン!?ウェス・アンダーソンのこだわり溢れる特別映像解禁!

2018.05.29

メガ崎市とゴミ島(犬ヶ島)の対照的な世界観を生み出した、ウェス・アンダーソン監督の美術のこだわりが垣間見える特別映像が到着!



 20年後の近未来の日本を舞台に、"ドッグ病"にかかってしまったメガ崎市の犬たちが、横暴な小林市長によってゴミ処理の島に追放されてしまった出来事から展開されていく本作。解禁された映像でも映し出されているように、人間や猫たちが活気あふれる姿で生活しているメガ崎市がカラフルなネオンで輝く混沌とした騒音の街である一方、犬たちが追放されたゴミ島=犬ヶ島には、紙クズや鉄クズの塊によって形成された殺風景な景色が広がっています。ウェス・アンダーソン監督の映画美術といえば作品によってテーマの決まったカラータッチが施されていることが特徴的ですが、『ファンタスティック Mr.FOX』(日本・11)以来、ストップモーション・アニメーションによって、新たに生み出された最新作では、ウェスの目を通した日本特有のビビットカラーと、まるで絵本の世界を冒険しているかのような、荒涼としながらもワクワクを感じられずにはいられない幻想的で繊細な美術が満載!新たな傑作誕生の兆しが垣間見える映像から日本の公開へ向けますます期待が膨らむ仕上がりとなっております。

日本を舞台とした仮想の街を生み出す上で、日本の実在の場所や、日本映画を参考にしたというウェスは、制作を振り返って「最後のシーンに登場する像はハチ公を参考にしているんだ。劇中のものは檻に入っているけどね。場所も、実際に存在する場所から影響を受けているけど、僕は行ったことがないんだ。でも、Google Earthで実際に歩くことができるんだよ!」と、驚愕の方法でロケハンを行っていたことを告白!さらに自身が敬愛する日本を舞台として扱った本作について「この映画は様々な要素をひとまとめに混ぜ合わせて完全にファンタジーとなっているけど、実際の日本文化、特に日本映画に惹かれたファンタジーとして、日本人のみんなが日本らしさを感じてもらえる作品になっていることを願っているよ。」とコメントを寄せています!

135_IOD_540_DE_0020_v006.0079.jpg劇中の随所に散りばめられたウェスのこだわりの数々は、映画を観る観客の視界を贅沢に彩ること間違いなし!歴代作品を遥かに凌ぐウェス・アンダーソンマジックたっぷりの本作を是非とも劇場の大きなスクリーンでご覧ください!!!

TM © 2018 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。
利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。