最新情報 - 映画「オリエント急行殺人事件」オフィシャルサイト

ぴあ×ららぽーと "エンタメ・コレクション" Vol.4『オリエント急行殺人事件』ツイッターキャンペーン&特別展開催!

2017.12.13

IMG_0409.JPG

ららぽーとTOKYO-BAY、横浜、富士見、磐田では映画『オリエント急行殺人事件』のプレミアム・グッズや限定チョコ、2000円分のららぽーと・アルパーク共通お買物・お食事券といった豪華賞品が当たるツイッターキャンペーンを2018年1月8日(月・祝)まで実施中です。

また、ららぽーとTOKYO-BAYとららぽーと横浜では、撮影で使用された小物や、映画場面写真などを展示する特別展を開催! 展示会場には巨大フォトスポットもあるので、ここで写真を撮ってツイッターキャンペーンにも参加しよう!

【特別展スケジュール】
2017年12月12日(火)~ 12月22日(金)
ららぽーとTOKYO-BAY南館3F GRAVITY RESEARCH前にて開催

2017年12月23日(土)~ 12月30日(土)
ららぽーと横浜3Fノースカーブモールにて開催

映画紹介展情報②

2017.12.05

IMG_0923.jpg

DAIKANYAMA T-SITEにて映画紹介展を実施中。
実際に撮影で使用された小物や、映画場面写真などを12月10日(日)まで展示中!ぜひご覧ください。

http://real.tsite.jp/daikanyama/

箱根ラリック美術館 公開記念パネル展&本物のオリエント急行で楽しむオリジナル・スイーツ!

2017.12.05

1.jpg

映画のもうひとりの主人公は、なんと言っても「オリエント急行」!
実際の列車の豪華な内装はアール・ヌーヴォーからアール・デコへの架け橋となったフランスを代表する芸術家ルネ・ラリックによってデザインされました。
箱根ラリック美術館では、世界中の旅人を魅了した本物の「オリエント急行」を所蔵し公開しています。

日本語吹替版声優を務めた草刈正雄さんのCMも、箱根ラリック美術館で撮影されました。

公開を記念して、場面写真のパネル展を開催。また本物の「オリエント急行」の車内で、映画にちなんだ素敵なオリジナル・スイーツが味わえます!まるで映画のような優雅なティータイムをお楽しみください。(当日現地予約制)

ケネス・ブラナーが自信作を引っさげ緊急来日!吹替版声優の草刈正雄さん、山村紅葉さんとも対面!!

2017.11.22

メイン.jpg

この度、監督と"世界一の名探偵"ポアロ役を兼任したケネス・ブラナーの来日が緊急決定しました。

ブラナーは、全世界で大ヒットした『シンデレラ』でも、誰もが知る物語に新たな解釈を加えて現代に甦らせ、監督としての手腕が絶賛されたことも記憶に新しいですが、『ヘンリー5世』(1990年)でも主演と監督を兼任し、アカデミー賞監督賞と主演男優賞にWノミネートされ、以降も評価が高く、5度に渡ってアカデミー賞にノミネートされています。そんなブラナーが、自信作を引っさげて来日し、12月5日(火)に都内で実施する作品の世界観をイメージした大規模なプレミアイベントへ参加することが緊急決定しました。イベントには、ポアロの日本語吹替版声優を務めた草刈正雄さんとオスカー女優のジュディ・デンチ演じるドラゴミロフ公爵夫人の吹替え声優を務めた山村紅葉さんの登壇も決定し、日米の名優たちの対面が実現します。草刈さんは、「すごい才能を持った方だから、いろいろと聞いてみたいと思います。監督もやってらっしゃるし、俳優としても素晴らしい才能を持っているし、楽しみです」とブラナーとの対面に期待を高まらせました。

クリスティーを曾祖母にもつアガサ・クリスティー社(ACL)会長兼CEOのジェームズ・プリチャードは、「ポアロは複雑なキャラクターですが、ケネスは、原作の壮大さをしっかり理解していて、彼のビジョンに鳥肌が立ちました。映画のオープニングで、列車がこちらに向かって走ってくるという話があった時、私たちに向かって自分自身で列車まで演じたんです。彼の姿に一瞬で魅了されました」とブラナーの解釈に太鼓判を押しました。ブラナーの作品へのこだわりは、並大抵のものではなく、ポアロが登場する小説全て(長編33作と短編50作)を読破、口髭の開発に9ヶ月もの時間を費やし、ベルギー訛りを習得するためにポアロと同世代のベルギー人が話す27種類ものベルギー訛りの英語の録音を聞き、週3回コーチ受けました。監督としてもロンドンにラボをオープンさせてまで65mmフィルムでの撮影にこだわりました。

一足早く開催されたワールドプレミアで「日本のみなさんが殺人ミステリー、特にアガサ・クリスティーが大好きで、中でもエルキュール・ポワロ、オリエント急行殺人事件がお気に入りなのだと知っていますよ。一同、この新作を大変誇りに思っています。日本のファンに楽しんでもらえますように!」とクリスティーファンが多い日本での公開を特に気にかけていたブラナー。来日が実現し、日本の地で何を語るのでしょうか?注目が集まります!

映画紹介展情報①

2017.11.17

小田急百貨店写真.jpg

小田急百貨店新宿店、本階1Fインターナショナルブティック<特設会場>にて映画紹介展を実施中。
実際に撮影で使用された小物や、映画場面写真を11月24日(金)まで展示中。
ぜひご覧ください。
 
http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/event/orient.html

オスカー女優演じる公爵夫人の日本語吹替版声優にミステリー作品"500本以上出演"の山村紅葉さんが決定!

2017.11.10

momiji_denchi.jpg

先日、"世界一の"名探偵エルキュール・ポアロの日本語吹替版声優に草刈正雄さんが決定し、
「ケネス・ブラナーのカッコいいポアロに草刈さんの声はピッタリだと思う。」「草刈さんのポアロ聞いてみたいから、吹替えに決定!」などと話題となりました。
ポスタービジュアルの "この列車には、名優たちが必要だった"というコピー同様にオスカー女優ジュディ・デンチ演じるドラゴミロフ公爵夫人役に山村紅葉さんが決定し、オリジナル版に負けず、日本語吹替版にも名優たちが集結しました。
草刈さんは、「紅葉さんは、とっても素敵な声を持っていらっしゃるから、ワクワクしますね。楽しみです、凄く。」と声の共演に喜びを隠せない様子。

"日本のアガサ・クリスティー"と讃えられている山村美紗さんを母にもつ紅葉さんは「母が天国で大喜びしてくれるでしょう!はしゃぎ過ぎて天国から落ちて来たら吹き替えに立ち会って貰います。」とオファーを受けた際を振り返ました。
そんな紅葉さんが声で演じるのはなんと82歳のデンチ演じる公爵夫人。
「声は高い方なので不安でしたが、拝聴したら、しわがれても、ボソボソ低くもなく、毅然と話されていたので、82歳は忘れて、公爵夫人らしい気品と威厳を心掛けます。」とミステリー作品に500本以上の出演している紅葉さんは意欲的に語りました。
更にデンチが、オスカー女優であることにも触れ、「畏れ多く申し訳なく思いますが、有り難いチャンスですので、精一杯頑張ります。」と意気込みを語りました。

また、作品を一足早くご覧になり「高校生の時に観た物が最高傑作だと思っていましたが、今回のは、はるかに超えて来て驚きました。誰もが、個性的で、怪しすぎる。ドキドキハラハラの連続で、息をするのも忘れて魅入りました。」と絶賛。

日本の名優たちがどのような声の演技で魅せるのか?
草刈さん、山村さんの他にも、トム・ベイトマン演じる国際寝台車会社の重役ブークの声優に中村悠一さん、ジョニー・デップ演じるアメリカ人の富豪ラチェットの声優に平田広明さん、デイジー・リドリー演じる家庭教師のデブナムを永宝千晶さんが声で演じます。

ミステリーの名作が、日米の豪華キャストで全く新しいエンターテイメントに生まれ変わる!


TM and © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。