最新情報 - 映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』オフィシャルサイト

宮野真守さんの"奇妙な"特技とは!? 2/4(土)公開記念舞台挨拶

2017.02.06

宮野真守さん.JPG

2月4日(土)、次世代の若き英国男子エイサ・バターフィールド演じるジェイクの日本語吹き替え声優を務めた人気実力派声優の宮野真守さんが登壇し、本作の公開記念舞台挨拶を実施いたしました。
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の魔法使いニュート・スキャマンダーに続いて、宮野さんが演じたのは、周囲になじめない孤独な少年。
本作を鑑賞し、終映時には拍手喝采だった観客の前に宮野さんが登場し、「こんなに広い会場だったんですね。せっかくなので、たっぷりお話できればと思います」と挨拶すると会場は一気にヒートアップ!
先日バートン監督が来日し、話題沸騰中の本作。
「ティム・バートン監督の世界観はきっとみなさんたくさん触れてきて、この作品が好き!とかそれぞれに挙がると思います。僕も、テレビ放送の『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカ役でも声優を務めさせていただき、不思議な世界観に心が引き込まれました。ありえないような世界観ですが、美しいので、あったらいいなと思い、そして見入ってしまいます。この作品もバートン監督の魅力が満載です。独特の怖さがありドキッとしますが、応援したくなるこどもたちがいて、彼らがどう成長していくのか愛おしく思います」と本作の魅力をたっぷり語ってくださいました。

本作で宮野さんが声で演じたジェイクが出会う、空気を操れたり、後頭部に口があったりと "キミョかわいい"(奇妙で可愛い)こどもたちについては「エマが可愛いなって。ふわふわと宙を浮いて、神秘的でこどもたちの美しさを象徴していて、ジェイクとエマのくっつくか、くっつかないかの恋心にもキュンキュンします。きっとこの子がタイプとか、みなさんそれぞれ好きなキャラクターがいると思います」と明かし、続けて「特殊能力たくさんもっていますよ!奇妙なんですよ、僕。映画の中でも姿を変えられるキャラクターがいるのですが、僕も百面相です。披露したいけど、事務所に怒られちゃうんで(笑)」と会場を湧かせました。
さらには「何でも牛乳と食べられるという特殊能力があります。お寿司も牛乳で食べられます。マスコミのみなさん、良い風に書いてくださいね(笑)」とこどもたちの個性に負けじと奇妙な特技を明かし、笑いの渦に包まれました。

そして、本作タイムループという設定にちなみ、宮野さんは「ピチピチしていた10代の頃に戻りたい気もしますが、ライブをやっていると、ラストでお客さんが「最初からー」って言ってくれるんですよ(笑)タイムループだったら、ずっとライブできるかな?」と語りました。

そんなループの中にいるこどもたちが伝えるのは"どんなに奇妙でもありのままの自分でいることを肯定"するメッセージ。最後に宮野さんは「美しく絶妙に奇妙な世界観はきっとみなさんに楽しんでもらえると思います。大切な温かいものが心に残ります。自分の個性を大切にしようと思えて、勇気を持っていれば、世界はなんて美しいんだろうと思えます。」と締めくくりました。
TM and © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。
<