最新情報 - 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』オフィシャルサイト

9月12日宇宙の日 主演ブラッド・ピット来日記念 応援メッセージ募集キャンペーン

2019.09.12

映画『アド・アストラ』の公開を前に、9月12日の宇宙の日と合わせて主演のブラッド・ピットが来日!
初の宇宙飛行士役に挑んだブラッド・ピットに応援メッセージを大募集。
#ブラピ日本から宇宙へ」をつけて、Twitterに投稿してください。抽選で5名様に映画オリジナルグッズをプレゼント。

<キャンペーン詳細>

①20世紀フォックス映画公式Twitter(https://twitter.com/foxjpmovie)をフォロー
②「#ブラピ日本から宇宙へ」をつけて、映画『アド・アストラ』や主演のブラッド・ピットへの応援メッセージをツイート。

※当選者には後日DMが届きますので、フォローを外さないようご注意ください。

<応募期間>
2019年9月12日(木)8:00~9月30日(月)23:59

【注意事項】

※参加いただく際は必ずアカウントを"公開"にした状態で参加してください。アカウントが非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
※本キャンペーンへ何度も応募するために複数のアカウントを作成し参加した場合、応募資格無効とさせていただきます。
※キャンペーン対象の投稿を引用ツイートされた場合、特に下記の設定をされている方はTwitterの仕様上、参加とみなされない場合がございますのでご注意ください。
・プロフィール、ユーザー名、自己紹介、画像などを設定していないアカウント
・頻繁にアクション(ツイート、リツイート、返信 など)を行っていないアカウント
・Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウント
・開設直後で、上記に当てはまるアカウント
・20世紀フォックス映画公式Twitterはこちら(https://twitter.com/foxjpmovie
※本キャンペーンは、20世紀フォックス映画公式Twitterをフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
※13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方がご応募ください。
※賞品ご当選の権利はご本人様のものとし、譲渡は出来ません。
※通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
※インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。

【当選発表について】

※当選された方には、10月中に公式Twitterアカウントから当選された方のTwitterアカウント宛にDM(ダイレクトメッセージ)にて当選通知をお送りさせていただきます。
※当選された方で、フォローを外している等でDMをお届けできない場合は、当選を無効にさせていただく場合がございます。
※本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
※抽選方法に関するご質問の受付は行っておりません。
※諸般の事情によりお届けが遅れる場合もございますので、予めご了承ください。

月面での襲撃!手に汗握る、長尺本編シーン解禁!!

2019.09.10

メイン.jpg

ブラッド・ピット演じる本作の主人公ロイ・マグブライドが遭遇する、究極の危機を映し出した緊迫の本編映像が長尺として解禁となりました。

映像には、宇宙で消息を絶った父の足取りを掴む為、月面より探索の旅に出ようとするロイと、彼を襲う最大のピンチが映し出されます。
「父を探し出せ」というミッションが与えられたロイは、父の旧友であるプルイット大佐(ドナルド・サザーランド)と、まずは経由地点の月に到着します。そこでは、地球各国から移住した人々が、資源を巡る争いを繰り広げていました。さらに国境も法律もない無法地帯でした。

「紛争地帯は初めて?」といきなりな質問をされる主人公のロイ。ロイは「北極圏に3年駐屯したし、アメフト対決もね」とユーモアで切り返しますが、どうやら雲行きが怪しい...。早速装備を整え、ローバーに乗り込むロイたち。一面砂と岩に覆われた殺風景な大地をひた走る彼らにとって、漆黒の闇に浮かぶ水と空気が溢れる青い地球の存在は、ひと時の癒しです。超リアルで没入感のある宇宙描写に思わず気をとられていると、突如"略奪者"とよばれるものたちが接近し、銃撃が!一人、また一人と仲間が倒れてゆく中で、必死にローバーのハンドルをきるロイ。しかしその先には目もくらむような断崖が...!?激しい銃撃戦とカーチェイス、そして荒々しい息遣いと、一瞬たりとも目が離すことができない展開の連続に、思わず手に汗握る衝撃映像となっています。

この衝撃の映像を生み出したのは、本作の監督で、ベネチア映画祭やカンヌ映画祭などでも常連のジェームズ・グレイ。ジェームズは、「映画をできる限り信じられるものにし、出来るだけ本物にこだわるというアプローチをとるようにした。そして未だかつて観たことのない最高にリアリティーのあるスペース・アドベンチャーを創ることが私のミッションなんだ。」と語っており、"リアルさ"と"未体験の映像体験"の実現を追求したことを明らかにしています。この監督のこだわりを実現する為に、ロケーション・チームはあらゆる場所をリサーチし、監督のビジョンに合うロケ地を探し回りました。その結果たどり着いたのは、北米の四大砂漠の一つ、モハーヴェ砂漠。ブルーバックのスタジオではなく、4つの州にまたがる広大な砂漠地帯の中で、実際にカメラを回すことによってのみ、この大迫力のシーンは実現できたのです。

主人公のロイを演じたブラッド・ピットは、「この映画は、これまで自分が手がけてきた作品の中でも、最もチャレンジングな作品でした。」と本作を振り返ります。これまで数多のハリウッド超大作に出演してきたブラッドをもってして、"最もチャレンジングな作品"と言わしめた本作は、我々にどんな映像体験をさせてくれるのか?その答えは9月20日、もう直ぐ明らかとなります。ブラッド・ピット演じる本作の主人公ロイ・マグブライドが遭遇する、究極の危機を映し出した緊迫の本編映像が長尺として解禁となりました。

映像には、宇宙で消息を絶った父の足取りを掴む為、月面より探索の旅に出ようとするロイと、彼を襲う最大のピンチが映し出されます。
「父を探し出せ」というミッションが与えられたロイは、父の旧友であるプルイット大佐(ドナルド・サザーランド)と、まずは経由地点の月に到着します。そこでは、地球各国から移住した人々が、資源を巡る争いを繰り広げていました。さらに国境も法律もない無法地帯でした。

「紛争地帯は初めて?」といきなりな質問をされる主人公のロイ。ロイは「北極圏に3年駐屯したし、アメフト対決もね」とユーモアで切り返すが、どうやら雲行きが怪しい...。早速装備を整え、ローバーに乗り込むロイたち。一面砂と岩に覆われた殺風景な大地をひた走る彼らにとって、漆黒の闇に浮かぶ水と空気が溢れる青い地球の存在は、ひと時の癒しです。超リアルで没入感のある宇宙描写に思わず気をとられていると、突如"略奪者"とよばれるものたちが接近し、銃撃が!一人、また一人と仲間が倒れてゆく中で、必死にローバーのハンドルをきるロイ。しかしその先には目もくらむような断崖が...!?激しい銃撃戦とカーチェイス、そして荒々しい息遣いと、一瞬たりとも目が離すことができない展開の連続に、思わず手に汗握る衝撃映像となっています。

この衝撃の映像を生み出したのは、本作の監督で、ベネチア映画祭やカンヌ映画祭などでも常連のジェームズ・グレイ。ジェームズは、「映画をできる限り信じられるものにし、出来るだけ本物にこだわるというアプローチをとるようにした。そして未だかつて観たことのない最高にリアリティーのあるスペース・アドベンチャーを創ることが私のミッションなんだ。」と語っており、"リアルさ"と"未体験の映像体験"の実現を追求したことを明らかにしています。この監督のこだわりを実現する為に、ロケーション・チームはあらゆる場所をリサーチし、監督のビジョンに合うロケ地を探し回りました。その結果たどり着いたのは、北米の四大砂漠の一つ、モハーヴェ砂漠。ブルーバックのスタジオではなく、4つの州にまたがる広大な砂漠地帯の中で、実際にカメラを回すことによってのみ、この大迫力のシーンは実現できたのです。

主人公のロイを演じたブラッド・ピットは、「この映画は、これまで自分が手がけてきた作品の中でも、最もチャレンジングな作品でした。」と本作を振り返ります。これまで数多のハリウッド超大作に出演してきたブラッドをもってして、"最もチャレンジングな作品"と言わしめた本作は、我々にどんな映像体験をさせてくれるのか?その答えは9月20日、もう直ぐ明らかとなります。

ブラッド・ピットが緊急来日決定!

2019.09.03

『アド・アストラ』_メイン.jpg

本作の主演・製作を務めるブラッド・ピットが、本作のプロモーションの為緊急来日することが決定しました。

ブラッド・ピットの来日は2017年のNetflixオリジナル映画『ウォー・マシーン 戦争は話術だ!』以来、12回目の来日となります。
9月12日(木)には、"宇宙"を舞台にした本作の物語に因み、日本科学未来館にて記者会見を実施、翌日9月13日(金)にはTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて盛大なプレミアが予定されており、日本でも絶大な人気を誇るピットだけに大きな盛り上がりを見せることは必至です。

ピットが演じた主人公ロイは、地球外知的生命体の探求に人生を捧げた科学者の父の背を見て育ち、自らも宇宙飛行士の道を選んだ男。
ピットは、「ロイは、宇宙などで危機にさらされた時はとても有能だけど、日常では人と親しくなるために努力が必要な人物なんだ。監督のジェームズ・グレイとは、人と人の繋がりとは何かについて話し合ったね。」と自らが演じたロイのキャラクターに関して、製作の当初より監督と深く話し合っていたことを語りました。

更に今回ピットは、製作者としても名を連ねます。『ムーンライト』(16)や『それでも夜は明ける』(13)など数々のオスカー作品を生み出し続ける自身が率いるPLAN Bが製作を担当しているということもあり、今後の賞レースの大本命としても注目を浴びています。本作の監督を務めたジェームズ・グレイは「ブラッド・ピットと一緒に仕事が出来ることは、とてもうれしい驚きだった。長年、一緒に映画を作りたいと願ってきたが、スケジュールやタイミングが合わなかったんだ。彼が参加できると知って、本当に大喜びをしたよ。」と、ピットとの映画制作が悲願であったことを明らかにしています。

第76回ベネチア映画祭レッドカーペット&記者会見開催!

2019.09.03

第76回ベネチア国際映画祭『アド・アストラ』_メイン.jpg

現地時間8月29日(木)イタリアにて開催された第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、本映画祭で世界初お披露目となりました。更に主演のブラッド・ピットをはじめ、リヴ・タイラー、ルース・ネッガら豪華キャスト陣の他、ジェームズ・グレイ監督が参加するレッドカーペット・セレモニーが華々しく執り行われ、同日開催となった記者会見にも登壇しました。

会場前に敷かれたレッドカーペットの周りには、ブラッド・ピットをカメラに収めようとするマスコミと会場に駆け付けた多くのファンで溢れ返りました。黒いタキシードに蝶ネクタイ姿のブラッド・ピットや、黒のロングドレス姿のリヴ・タイラー、そしてルース・ネッガらが登場すると、会場からは地鳴りのような歓声が沸き起こり一斉にフラッシュが焚かれました。ピットらは集まったファン一人一人に丁寧にファンサービスをしながら、スクリーニング会場へ向かいました。
本映画祭が初の公式上映となったプレミア上映には、ピットの最新作をいち早く観ようと集まったマスコミで超満員となり、改めて注目度の高い作品であることを物語りました。上映後にはスタンディングオベーションも沸き起こるなど、作品の完成度の高さを裏付けました。更に同日行われた公式会見では、開始2時間以上も前からマスコミの長蛇の列ができ、入りきれないメディアが出るほど、映画祭史上類をみない大盛況となりました。

第76回ベネチア国際映画祭『アド・アストラ』_サブ1.jpg

本作で主演・製作を務めたピットは、第64回 ベネチア国際映画祭(2007年)で自身が主演を務めた『ジェシー・ジェームズの暗殺』でボルピ杯(最優秀男優賞)を受賞するなど、本映画祭とも深いつながりを持っています。ピットは「本作はこれまで自分が手がけてきた作品の中でも最もチャレンジングな作品だったと言わざるを得ません。3年前、監督と最初に本作について語った方向性そのままの作品が出来上がり、大変満足のいく出来となりました。」と語りました。また、ブラッド・ピット演じるロイの恋人役を演じたリヴ・タイラーは「私のキャラクターはロイの記憶や夢の中で登場するの。そしてこの物語はロイと父との関係が多く描かれているわ。」とその全貌の一端を明かしました。

本映画祭で華々しくお披露目された本作は、『ムーンライト』(16)や『それでも夜は明ける』(13)など、数々のオスカー作品を生み出し続ける製作会社PLAN Bの作品。更に監督を務めたジェームズ・グレイも『リトル・オデッサ』(94)で本映画祭の"銀獅子賞"を受賞していることもあり、"金獅子賞"への期待も益々高まっています。

第76回ベネチア国際映画祭『アド・アストラ』_サブ2.jpg

宇宙航海に挑戦!『アド・アストラ』Twitterキャンペーンを開催!

2019.08.30

行方不明となった父の謎を追い太陽系の彼方へ...。君は宇宙飛行士となって《43億キロ先》の目的地に辿りつけるか!? 劇場鑑賞券など豪華賞品が当たるTwitterフォロー&RTキャンペーンを開催!
キャンペーン期間中は毎日ご参加いただけます。

<キャンペーン期間>
2019年8月30日(金)12:00~9月12日(木)23:59まで
※1日1回ご参加いただけます。

<プレゼント賞品>

・『アド・アストラ』劇場鑑賞券 10名様
・映画オリジナルグッズ 30名様

映画オリジナルグッズ.jpg
※賞品はお選びいただけません。

<応募方法>
①20世紀フォックス映画公式アカウントTwitter(https://twitter.com/foxjpmovie)をフォロー
②ハッシュタグ「#宇宙航海に挑戦」が入った公式ツイートをRT(リツイート)
③公式Twitterから抽選結果を@返信ツイートでお知らせ
※対象ツイートは毎日ツイートされますので、毎日ご参加いただけます。
※キャンペーンの参加には20世紀フォックス映画公式Twitterアカウントを忘れずにフォローし、キャンペーン終了までフォローを外されないようご注意ください。

<注意事項>
・参加いただく際は必ずアカウントの投稿を"公開"にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
・当たり、そしてはずれの@返信は、1日1回となります。
・アクセス集中や環境などにより、返信に時間がかかる場合がございますのでご容赦ください。
・本キャンペーンに何度も応募するため、複数のアカウントを作成し参加した場合、これは応募資格無効とさせていただきます。
・キャンペーン対象の投稿を引用ツイートされた場合、特に下記の設定をされている方は、Twitterの仕様上、参加とみなされない場合がございますのでご注意ください。
※プロフィール、ユーザー名、自己紹介、画像などを設定していないアカウント
※頻繁にアクション(ツイート、リツイート、返信 など)を行っていないアカウント
※Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウント
※開設直後で、上記に当てはまるアカウント
・リツイートより24時間経過しても返信が届かない場合、大変お手数ですが、20世紀フォックス映画公式Twitterまで、DMでお問い合わせください。
・本キャンペーンは、20世紀フォックス映画公式Twitterをフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
・当選は1回限りとなります。
・落選の場合は翌日に再度参加することが可能です。
・13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方がご応募ください。
・賞品ご当選の権利はご本人様のものとし、譲渡は出来ません。
・通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
・インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
・本キャンペーンのご参加は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

<当選発表について>
・キャンペーン対象の投稿をリツイート後、@返信にて当落の結果をご連絡致します。
・当選された方には、当選の翌日中に20世紀フォックス映画公式Twitterから当選された方のTwitterアカウントに向けたDM(ダイレクトメッセージ)にて賞品の発送先入力についてのご案内を致します。
・当選された方で、登録内容に不備や誤りがあった場合、また2019年9月23日(月)までに発送先情報の登録がない場合等で、賞品をお届けできない場合は、当選を無効にさせていただく場合がございます。
・賞品はお選びいただけません。到着まで楽しみにお待ちください。
・賞品の発送は2019年9月下旬~10月中を予定しております。
※諸般の事情によりお届けが遅れる場合もございますので、予めご了承ください。
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
・抽選方法に関するご質問の受付は行っておりません。

<個人情報の取り扱い>
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、20世紀フォックス映画より委託を受けた株式会社ガイエが管理させていただきます。本キャンペーンの賞品発送以外の目的では使用いたしませんので、ご安心ください。
・お客様の個人情報を、お客様の同意なしに、業務委託先外の第三者に開示・提示することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。
・その他の個人情報の取扱いにつきましては株式会社ガイエのプライバシーポリシー(https://gaie.jp/privacy/)をご参照ください。

第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品決定!

2019.07.25

『アド・アストラ』ビジュアル.jpg
現地時間8月28日(水)よりイタリアのヴェネツィアにて開催される第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に本作が正式出品されることが決定しました。
ブラッド・ピット史上最高の演技とアカデミー賞有力の呼び声高い傑作と大注目されています。
併せて、本作の主人公ロイを演じたブラッド・ピットの憂いを帯びた横顔が、熱いドラマを予感させる特別ビジュアルが公開されました。
日本でも絶大な人気を誇る世界的ハリウッド・スター ブラッド・ピットが初めて宇宙飛行士を演じ、『メン・イン・ブラック』シリーズや日本のCM でもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズや、『アルマゲドン』のリヴ・タイラーなど豪華な共演人が話題となっている『アド・アストラ』。
知的生命体の探索の中で行方不明となった父の消息を追うロイのドラマと、父の謎に迫るミステリアスな展開に今、世界が注目しています。

『アド・アストラ』は、『それでも夜は明ける』(2013)、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)、そして『ムーンライト』(2016)など、昨今のアカデミー賞を賑わす作品を次々と生み出しているプランB のプロデュース作品。
今回のベネチア国際映画祭がそんな本作の初お披露目の場となるということもあり、今世界の注目が集まっています。
更に主人公のロイを演じたブラッド・ピットは、自身が主演を務めた『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2007)で、第64回 ベネチア国際映画祭のボルピ杯(最優秀男優賞)を受賞した経歴を持ち、本映画祭ともつながりが深いです。
今回、コンペティション部門の出品に伴い、映画祭への参加が予定されるブラッドが一体何を語るのか?今から期待に胸が高まります。

更に今回公開となったビジュアルには、白い宇宙服に身を包み、少しうつむきながらの思案顔が"激シブ"なロイの姿が映し出されています。
先の予告編解禁では、SNS上に「ブラピ宇宙服かっけー!渋いなー!」や、「さすがブラピ。ビジュアル文句なし!」など、ブラッド・ピットのビジュアルに対する圧倒的な支持が飛び交いましたが、本ビジュアルも憂いの奥に、どこか切ない男の色気を感じさせる作りとなっており、更なる話題を呼ぶことは間違いないです。また、一部ノイズが乱れているようなデザインも気になるところ。ロイの詮索の旅の困難さを表しているようで、どこか心がざわつくようなビジュアルです。

TM and © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。