最新情報 - 映画『アリータ:バトル・エンジェル』オフィシャルサイト

TE主催特別試写会&トークセッション「人間とサイボーグが共存する世界とは?」開催

2019.02.21

IMG_3406.jpg

映画『アリータ:バトル・エンジェル』の公開を記念し、@TEConnectivityの日本法人であるタイコエレクトロニクスジャパンが特別試写会を開催しました!
人間の進化とそれを支えるTEの技術革新についてスペシャルトークセッションが行われ、アリータそしてサイボーグをよりリアルに感じることができる内容でした!

詳しくはこちら>>http://bit.ly/2ttdJ7G

『アリータ:バトル・エンジェル』IMAX®3D&リアルD3D入場者プレゼント決定!

2019.02.19

一部上映劇場にて、【IMAX®3D版】【リアルD 3D版】をご鑑賞の方へ先着限定で、下記のレアグッズをプレゼント!

 配布期間 
2月21日(木)以降 ~ なくなり次第終了

 特典 
【IMAX®3D版】入場者先着プレゼント
対象:『アリータ:バトル・エンジェル』【IMAX®3D版】をご鑑賞のお客様
原作者:木城ゆきと氏 描き下ろし
『アリータ:バトル・エンジェル』コラボビジュアル 特製ステッカー(非売品)
imax.jpg
©木城ゆきと/講談社

【リアルD 3D版】入場者先着プレゼント
対象:『アリータ:バトル・エンジェル』【リアルD 3D版】をご鑑賞のお客様
『アリータ:バトル・エンジェル」映画ビジュアル シルバーステッカー(非売品)
imax_2.jpg

※各プレゼントは、数に限りがございますのでなくなり次第終了いたします。予めご了承ください。
※各プレゼントは、お一人様1枚プレゼントいたします。
※配送の都合により配布実施日が変更する場合がございます。
※配布実施劇場は上映劇場ホームページでご確認下さい。

TE限定映像コンテンツ配信中!

2019.02.19

TE_alita_senibanner_line_012126.jpg

『アリータ:バトル・エンジェル』のタイアップ・パートナー、TEホームページにアクセスし、名前などを登録して限定映像コンテンツを見よう!
映画に登場する最新テクノロジーを紹介する映像を配信中です。

またLINEに友達登録するとクイズキャンペーンに参加できます。
今すぐhttp://bit.ly/2GMGmoiへアクセス!

映画パネル・等身大フィギュア展示!

2019.02.19

本日より、2月28日まで西武池袋本店特別企画として、
映画パネル・等身大フィギュアを展示!
本館5階(南A10)=紳士服売場 特設会場にて。
その他、映画プレミアム・グッズが当たるスタンプラリーなども開催中!

詳しくは

1.jpg

2.jpg


全世界47ヵ国No.1の大ヒット・オープニング!『レディ・プレイヤー1』対比105%でアリータ降臨!観客満足度もトリプルA!SNSでも「アリータに夢中」な絶賛続々!

2019.02.18

main2.jpgのサムネール画像

全世界47ヵ国でNo.1大ヒットスタート、『レディ・プレイヤー1』対比105%
日本公開に先駆けて、全世界86カ国で公開となっており、オープニング週末ではアメリカを含む全世界47カ国で興行収入No.1(アメリカ2700万ドル/30億円、韓国1090万ドル/12億円、ロシア650万ドル/7.2億円、台湾463万ドル/5億円、UK420万ドル/4.7億円、メキシコ420万ドル/4.7億円)の大ヒットスタートとなりました。
先週末2月15日~17日の全米を除くインターナショナル興行収入でも$5620万ドル(約62億円)のNo.1に輝きました。
革新的な映像の作品を製作することで知られているジェームズ・キャメロン作品ということでIMAXや3Dのプレミアム上映フォーマットでの鑑賞が35%と非常に高い割合となっています。全世界の累計興収は2月17日までの段階で『レディ・プレイヤー1』の同時期・同テリトリー対比105%となる、累計9430万ドル(約106億円)に達しています。

観客満足度が高い!シネマスコアA-、ロッテントマト93%、Yahoo!映画4.13点
いよいよ日本にもアリータ降臨!全国3D劇場では21日(木)前夜特別上映決定!

観客の評価も非常に高く、全米のシネマスコアA-(観客満足度調査)、ロッテン・トマトのオーディエンス・スコアは93%と同ジャンル作品の『アクアマン』(78%)、『ヴェノム』(84%)、『レディ・プレイヤー1』(77%)を大きく上回る数値となっています。 
日本でも、全国規模で行われた3D試写会で本作を鑑賞した人からのレビューがあがっており、Yahoo!映画ユーザーレビューも4.13点と高得点となっています(2/18現在)。原作マンガ「銃夢」の故郷である日本でいち早く映画を鑑賞したファンからは「アリータに夢中!」「コリャスゲー!」「迫力満載のアクション」など絶賛の声があがっています。
多くの著名人からも映画鑑賞後の応援コメント動画も公開され、特撮で定評のある映画監督 樋口真嗣さん「これぞ映画、ワクワクしちゃう、大好きです」、女性から絶大な人気を誇るトレーナーAYAさん「勇気と希望をもらえる」、ゆきぽよさん「もう完全にどストです」など男女を問わず、高評価を得ています。
この盛り上がりを受けて、21日(木)より大迫力映像をいち早く体感できる3Dバージョン限定前夜特別上映が全国の3Dバージョン上映劇場にて行われます。

来日キャンペーン大盛況!!
先週日本では映画史に革命を起こしてきた究極のクリエイターであるジェームズ・キャメロンと共に本作を製作した監督のロバート・ロドリゲス、最新のパフォーマンス・キャプチャー技術によりサイボーグの少女アリータを演じたローサ・サラザール、アリータの父親的存在のイドを演じたクリストフ・ヴァルツ、キャメロンと『アバター』『タイタニック』などをプロデュースしたジョン・ランドーが来日キャンペーンのために日本に訪れ、14日(木)には新宿歌舞伎町にあるVR ZONE SHINJUKUで日本語吹替版で声優を務めた上白石萌音さん、古舘伊知郎さん(実況アナウンサー役)も参加してジャパンプレミア・イベントを実施。
翌15日(金)には六本木のYou Tube Space Tokyoにて、日本最強のバーチャルYouTuberキズナアイさんをホストに迎え、1万人以上のチャンネル登録者を持つ人気YouTubeクリエイターの方々とマスコミの皆様からの質問に答える"究極のクリエイターズ・セッション"を実施し、TV/オンラインを中心に多くのメディアで取り上げられました。

究極のクリエイターズ・セッション開催!

2019.02.15

0215_1.jpg

日本公開を目前に控える2月15日(金)に、映画史に革命を起こしてきた究極のクリエイターであるジェームズ・キャメロンと共に本作を制作した監督のロバート・ロドリゲス、最新のパフォーマンス・キャプチャー技術によりサイボーグの少女アリータを演じたローサ・サラザール、アリータの父親的存在のイドを演じたクリストフ・ヴァルツ、キャメロンと『アバター』『タイタニック』などをプロデュースしたジョン・ランドーが、1万人以上のチャンネル登録者を持つ人気YouTubeクリエイターの方々と報道陣からの質問に答える"究極のクリエイターズ・セッション"を実施しました。

ホストを務めたのは、自身のYouTubeチャンネル登録者数は350万人を超え、最新テクノロジーと人間の懸け橋になろうと日々奮闘中の最強のバーチャルYouTuberキズナアイ。
日本のみならず海外でも人気のキズナアイのMC進行にアリータ・チームは興味津々。全身フルCGのキャラクターを生み出したアリータ・チームと、バーチャルYouTuberキズナアイの絶妙な掛け合いで意気投合。大盛り上がりのセッションとなりました。

0215_2.jpg

クリストフ・ヴァルツは、「人間はサイボーグを愛せますか?」という哲学的な質問をキズナアイからされると、「(あなたは)婚約していますか?」と冗談で会場を沸かせました。「もしサイボーグが人間を愛することが出来れば、人間もサイボーグを愛することが出来る。だから君の隣に座っているんだよ。」と意味深な答えをすると、すかさず、アリータを演じたサラザールは「アイちゃんじゃなくてアリータのプロモーションをしてください。」と息ピッタリの掛け合いをみせました。
ジョン・ランドーはキズナアイの質問に答える前にという前置きの後、「目が大きい女性は魅力的だ、君もアリータも。」とコメント。
原作をリスペクトしたアリータの大きな目に込めたプロデューサーとしての想いを語りました。

本作を公開に先駆けて鑑賞したというキズナアイは、「CGなのに人間以上に人間らしいアリータが愛らしくてサイコーでした。どうやったら人をこんなにも没入させる世界観を作れますか?」と質問。
するとランドーは「あなたと同じように恋してしまいますよね(笑)リアルな世界観をつくる鍵は、しっかり演じてくれる女優が大切なんです。キャメロン作品は、リアリティに重きを置いているんですよ。」とリアルな世界観を描く上で大切なのは俳優陣だと明かしました。そしてサラザールは、自身が初めてアリータになった姿を観た時に「"オーマイガッ!"これが最初のリアクションです。とにかくビックリしました。アリータは車で、私が運転手みたいな感じです。アリータにはハートを注入しました。」と真剣に語りつつも、キズナアイが気になるようで「家に持って帰りたい!」とテンションがマックスに。ロドリゲス監督は「アリータとアイさんが、一緒に遊んだら楽しいですね。」と次回作に意欲!?ともとれるコメントをしたかと思えば「短編になると思います。」と語り会場は笑いの渦に。

YouTubeクリエイターから「ハリウッドの仕事に就くにはどうしたら良いですか?」と質問をされると、ロドリゲス監督は「僕はハリウッドのフィルムメイカーだと思っていませんし、あなたにもハリウッドの仕事をして欲しいとは思いません。今でもテキサスの自分のスタジオで作りたい映画を作っています。アリータもスタジオの裏庭で制作しました。あなた自身の"ハリウッド"を目指して映像を作り続けてほしいです。」とYouTubeクリエイターにエールを贈りました。

0215_3.jpg

アリータ降臨 ジャパンプレミアイベント開催!

2019.02.15

0214_1.jpg

日本公開を直前に控えた2月14日(木)、主人公アリータ役を演じるローサ・サラザールの他、サイバー医師:イド役を演じるクリストフ・ヴァルツ、本作のメガホンを取ったロバート・ロドリス監督、ジェームズ・キャメロンの右腕として数々の世界的大ヒット作を手掛けてきた名プロデューサー:ジョン・ランドーが来日し、ジャパンプレミアを実施しました。

イベントは、新宿歌舞伎町にあるVR ZONE SHINJUKU内のステージで開催され、場内のまるで映画の中に入り込んだような世界観に、集まったファンたちもゲスト登場前から興奮気味の様子。そんな中まず登場したのは、日本語吹替版で声優を務めた上白石萌音さん、古舘伊知郎さん(実況アナウンサー役)のお二人。主人公・アリータの声を担当した上白石さんは、華やかな白い衣装に身を包み、今回の声優参加に関して「アニメーションの吹替は何度かやっていますけど、洋画というのはまた全くやり方が違って、ゼロから勉強しながらやりました。演じられたローサさんの声を何度も聞いて、少しでも声質やニュアンスを寄せられるように意識してやりました。」と改めて初の実写声優の難しさを振り返りました。

一方、劇中で登場する実況アナウンサー役で声優を務める古舘さんも「こういう表現でやったら面白いかなって勝手に思っても、映像の方の尺に合わないと入らない。あくまでも出来上がったシーンに対して、後追いでかぶせていくものなので、結構悔しい思いもしました。」と自身のアナウンサーとしてのキャリアがあるからこその苦労を語りつつ、「アリータは"極楽のアイドル"です。仏教で言う最方の彼方にある極楽浄土、人間が成仏していく世界にこういうアイドルがいるんじゃないか。アリータは可愛いし、たくましいし、必ずどの方もアリータを楽しんでいただけると思います。」と、古舘さんならではの独特のフレーズで自身の"アリータ愛"をアピールしてくれました。

その後来日ゲストたちが登場すると会場は喝采が起こる盛り上がり。主人公・アリータ役のローサは、今回初来日したことに、「とにかくこの原作は、日本で生まれたということで、いちばん重要な国だと思っていたんです。アリータの故郷であり、また木城先生の故郷でもあるということで、本当に興奮しています。こうやって(アリータの)ホームに連れて帰ってこられたと思いますし、ここが家族だと思いますし、すごく今楽しいです!初来日ですけど、素晴らしい文化、そして食べ物も楽しんでいます。」と、まるで生まれ故郷に帰ったように喜びをコメントし、早くも日本を満喫している様子を伺わせてくれました。同じく今回が初来日となるオスカー俳優のクリストフは、「出発点がこの国であったということで、この国に来られたことはすごく嬉しいです。」と日本への想いを話し、本作のメガホンを取った監督も「待ち焦がれていました。私は日本が大好きということもありまして、実は20数年前、私が初めて日本に来た時に日本の漫画やアニメが私に大きな印象を与えてくれたので、年中私たちは日本の漫画とかアニメとかを読んだり、見たりしています。」と自身のイマジネーションへの日本の影響力の大きさを教えてくれました。プロデューサーのジョン・ランドーは、「日本のクリエイターの方々は本当に独特の世界観を持っていて、とてもユニークなキャラクターを作る。そこが最大の魅力だと思います。今回の作品に関しても、木城先生がお作りになられたキャラクターの人生、ジャーニーというのは普遍的な物語です。」と原作への絶賛コメントを贈ると、原作者・木城先生も「すべてが名シーン!時々、あ、ここ見覚えあるシーンだ、と思いますし、あとから取って付けたような感じではなくて、ちゃんと消化されて、ひとつの映画の世界観になっている。本当に素晴らしいです。」と、映画へ太鼓判を押し、品質への期待を高めてくれました。

その後のステージイベントでは、古舘さんはイベントの進行上の都合により、スケジュール調整が合わず、急遽欠席となってしまったものの、来日ゲストと日本人ゲストが一堂に会し、原作「銃夢」の国日本に、"アリータ・ファミリー"が集結するという、圧巻の顔ぶれ。ステージ上で、ついに今回がアリータ役のローサと日本語吹替版で同じくアリータ役の声を演じた上白石さんが夢の共演を果たすと、「最初からハグで迎えてくれて本当に嬉しかったです。バイタリティーであふれて、カッコよくて、キュートで、(これまでアフレコで)ずっと声を聞いてきたので、本当に光栄です!」と上白石さんがコメントし、ローサも「アイラブユー♡!!」とリアクション。今回の初対面に相思相愛の様子で、作品と同様、ハリウッド映画でありながら、日本との絆を深く感じるイベントとなりました。

全国3Dバージョン限定 前夜特別上映が決定!旧正月で先行公開したアジア地区の数字も絶好調!

2019.02.13

main2.jpg

本作は映画館の大きなスクリーンで、その壮大な世界観や物語を身体全体で体験、体感していただくために、冒頭のシーンからすべて最新の3D技術により撮影されました。
本作の大迫力映像をいち早く体感できる3Dバージョン限定前夜特別上映が急遽、決定しました。公開前日2月21日(木)、全国の3Dバージョン上映劇場にて(※一部除く)実施いたします。

<3Dバージョン限定前夜特別上映>
3Dバージョン上映劇場(IMAX®3D/ 4D /ドルビーシネマ/ドルビーアトモス /3Dなど)
※実施劇場 上映時間について上映劇場ホームページをご確認下さい。

『アリータ:バトル・エンジェル』は、先週より旧正月を迎えたアジアテリトリーとUKの11カ国で公開となり、32M(約36億円)、インターナショナル興収でNo.2の大ヒットスタートとなりました。
韓国はオープニング10.9Mの成績でスターウォーズ:最後のジェダイの119%の数字を叩き出しました。台湾は4.8MでNo.1となり、この成績は台湾フォックス史上4番目のオープニング成績。イギリスは4.2Mで、中でも3Dのシェアが42%を占めたとのこと。マレーシアは2.9Mでマレーシアフォックス史上2番目のオープニング成績。香港も2.8Mでこちらもフォックス史上5番目のオープニング成績となり各国絶好調の滑り出しとなりました。
先週公開を迎えた、11カ国のテリトリーの興行収入において、3Dの興行収入は7.5M(全体の27%シェア)をしめており、IMAX単体では4.7M(15%シェア)を占めました。また、昨年のレディプレーヤー1とオープニングを比較して、105%の数字となりました。(11カ国のオープニング数字比較)。
この週末より全米含む74カ国で公開となります。
そしていよいよ、日本及び中国が2月22日に公開を迎えます!

インターネットカフェBAGUS全店でタイアップ・キャンペーン実施中!また池袋店では映画パネル展を開催!

2019.02.05

0205.jpg

映画『アリータ:バトル・エンジェル』の公開を記念し、グランサイバーカフェ バグース全店でタイアップ・キャンペーン実施中!また池袋店では映画パネル展を開催!また原作コミック「銃夢」も全巻ご用意しております!お見逃しなく!

パネル展実施期間:2/5(火)~3/10(日)まで。

詳しくはこちら

『アリータ:バトル・エンジェル』#アリータ降臨 投稿キャンペーン

2019.02.04

映画『アリータ:バトル・エンジェル』の公開を記念して、豪華プレゼントが当たる「#アリータ降臨」投稿キャンペーンを実施中!巨匠J・キャメロンが見出した日本発ヒロイン・心を持ったサイボーグ少女の映画『アリータ:バトル・エンジェル』の感想を「#アリータ降臨」と共にTwitterもしくはInstagramで投稿しよう!

■キャンペーン概要
「#アリータ降臨」をつけて、Twitter・Instagramにて映画の感想などを投稿することで本キャンペーンへの参加となります。当選者には各DMにてご連絡いたしますので、Twitterの方は映画『アリータ:バトル・エンジェル』公式Twitter(@AlitaMovieJP)、Instagramの方は20世紀フォックス映画(@foxjpmovie)をフォローしてください。

■プレゼント
プレミアム・フィギュア(weta workshop) 8名様
キャップ 5名様
Tシャツ(M) 5名様
ノート 5名様

0201_プレゼント画像.jpg

■応募期間
2019年3月31日(金)23:59迄

■注意事項
・Twitterでご参加の方は映画『アリータ:バトル・エンジェル』公式Twitter(@AlitaMovieJP)を、Instagramの方は20世紀フォックス映画(@foxjpmovie)をフォローし、抽選時まで必ずアカウントを「公開」設定にした上でご参加ください。
・投稿いただいた内容は本Webサイト、その他映画のプロモーション等に利用させていただく場合がございます。この場合、投稿された方には、報酬や開発に伴う権利等は一切発生いたしません。
・プレゼントのご応募は、日本国内在住の方に限らせていただきます。国籍は問いません。

■抽選・当選発表
・厳正な抽選の上、運営事務局からの連絡をもって当選のご連絡と代えさせていただきます。
・当選者は4月中旬~5月上旬の連絡をもって発表とさせていただきます。
・ご応募状況や当選結果のお問い合わせには、お答えいたしかねますのでご了承ください。
・当選権利は当選者ご本人に限り、他人への譲渡や現金への引き換えは禁止とさせていただきます。
・当選者決定後、キャンペーン事務局から当選者に当選をお知らせするダイレクトメッセージを送信させていただきます。※ダイレクトメッセージの返信を受け取れるように設定してください。
・住所・電話番号不明、不通により、当選者と連絡がとれない場合は、当選の権利が無効となります。
・本キャンペーンに関するお問い合わせはcampaign@gaie.jpまでメールでお送りくださいますようお願いいたします。

■個人情報について
・当選者の個人情報に関しましては、キャンペーン運営会社の株式会社ガイエ(以下、「当社」といいます。)にて管理いたします。
・法令により認められた場合や、賞品当選のご連絡および発送業務等に必要な範囲で委託先に提供する場合を除き、個人情報をお客様の承諾なく第三者に提供いたしません。
・お客様からいただいたすべての個人情報は、本キャンペーンに関わる目的のみに使用し、他の目的には使用いたしません。

■免責事項
・選考方法、応募受付の確認、当選・落選についてのご質問、お問い合わせは受け付けていません。
・本キャンペーンはTwitter社とは関係ございません。
・キャンペーン運営の中断、または中止により生じるいかなる損害についても、弊社が責任を負うものではありません。
・本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合があります。
TM and © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。