ニュース|映画『ジョジョ・ラビット』公式サイト

TOPICS

10歳のジョジョが入隊したヒトラーユーゲントとは? ナチスを信じた子供を「切って捨てるわけにはいかない」 ワイティティだから描ける、人間への愛情深さと希望!!

2019.12.28

主人公ジョジョが入隊した、実在した青少年集団"ヒトラーユーゲント"とは?
その悲劇に向き合い、ワイティティが本作で描きたかった"希望"に迫る!


本作の物語は、二次大戦下のドイツ、典型的な10歳の少年である主人公ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)が、念願だった青少年団体ヒトラーユーゲントに入隊することで動き出します。ヒトラーユーゲントとは、1926年に正式に設立されたナチス党内の青少年組織であり、ヒトラーを"心から崇拝すべきヒーロー"として仕える少年兵を生み出すために、当時のドイツでは法律で10~18歳の青少年はこのヒトラーユーゲントに加入することを義務付けられていました。スポーツや野外キャンプを中心に男子心をがっしりと掴みながら、ナチスの精神こそ正義だと信じて育てられており、劇中でも心の優しい純粋無垢な少年ジョジョがアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)を空想上の友だちにして「一番強いのはミサイルだ」「戦争は我々の勝利で終わる!」と力を込めるシーンが何度も登場します。

000jjr_r6_v012c0_190607_10jk_g_r709_JacquelynSilverman.00_14_49_16.Still147_リサイズ.jpg
ワイティティは、本作の脚本作りにあたって、多数の文献を参考にして徹底的に考証し、当時の子供たちが総動員で入隊したヒトラーユーゲントについて「あれは単にクラブに属しているようなもので、子供たちの多くは、そのグループから外れていたら命取りになる。その一員でいなければ、人生はおしまいと思うわけです。いじめられ、仲間外れにされてしまうので、生きる価値がない人生となってしまうから、そのグループの一員になろうと躍起になるんです。子供たちの制服、格好のいいベルトのバックル、稲妻やどくろ印への憧れを利用し、「今、僕はこのグループの一員なんだ」と思わせる。そして基本的に両親を拒絶するように言われたんです。ナチスは、子供たちに両親を無視するように告げ、「彼らの言うことなど聞くな。我々の言うことだけを聞くように。両親が我々と違うことを言ったり、我々のことを批判するようなことがあれば、密告せよ。そうすれば処置する」と言いました。だから両親は口を閉ざしました。まるでゾンビのようになってしまったために、子供たちはグループに属し、両親から聡明なアイデアを聞くよりも、制服を着てかっこ良いクラブに所属する方がよほど良いと思うようになってしまったんです。そういう流れを僕は理解しています。」と見解を明かしています。

さらにワイティティは、そんなヒトラーユーゲントで、言わば間違った形で育てられた子供たちには罪はないことを断言し、本作を通してそのスタンスを一貫。「単に子供でいることができる、という子供の才能が奪われたのです。親に歯向かうことをそそのかされ、実際にナチスに否定的なことを言う親は子供に拒絶されました。そんな親を密告するように教育され「ヒトラーがあなたの本当のお父さんです。言うことはなんでも聞きなさい」と言われていました。800万人もの子供がそんな青少年教育プログラムを受けていたのです。本当にものすごく多くの人生が悪影響を受けました。このようにして大量の洗脳が行われたということは、恐ろしいことです。悲劇であり、胸が張り裂けそうなことです。800万人もの子供が親を愛するという概念を捨てさせられ、代わりにあの道化の男に従わざるを得ませんでした。もし僕の娘がこの教育を受け僕の言うことを聞かなくなり、僕を愛さなくなり、他の誰かを愛するようになったらと考えただけでも‥‥ 胸が張り裂けそうです。そして本当に恐ろしいことです。ですから、「だってナチスの主義を信じていたナチス党員でしょ」と切って捨てるわけにはいかないと思います。なぜなら彼らは、ほんの子供だったわけですから。これは今も世界中で起きています。大人の主義を教え込まれている子供がたくさんいます。子供は簡単に影響を受けてしまうのです。ジョジョの成長物語の素敵なところは、いろんな人の影響を受けながらも自分の意思と経験によって自分の考えを深め、羽ばたいていくところなのです。」

★未解禁073_JR_[08295-08295]_g_r709.0_R.jpg戦況が悪化した大戦後半は、ジョジョと同じく僅か10歳の子供たちも志願兵として多くの団員が戦闘に送り込まれ、実に計800万人もの少年が疑うことなく所属していたという衝撃の事実から逃げることなく、気鋭のフィルムメイカーとして世界中を魅了するワイティティにしか出来ないスタイルで、ファンタジーとユーモアたっぷりに愛情深く描いた本作。ナチスの悲劇的な歴史を真摯に扱いながら、笑いと感動が包む不朽の名作『チャップリンの独裁者』(40)や『ライフ・イズ・ビューティフル』(97)などのように、映画史に刻まれ語り継がれていくこと間違いなしです!

『ジョジョ・ラビット』公開記念!Twitterインスタントウィンキャンペーン開催!

2019.12.27

メイン_010_JR_[00752-00752]_g_r709.000000_R_small.jpg
映画『ジョジョ・ラビット』公開記念!
豪華賞品が当たるTwitterキャンペーンを開催!!

【実施期間】
2019年12月27日(金)12:00~2020年1月5(日)23:59

 【参加方法】
FOXサーチライト・ピクチャーズ 公式Twitterをフォロー
②ハッシュタグ「#ジョジョ・ラビットチャレンジ」が入った、キャンペーン対象ツイートをRT
③抽選結果がすぐにリプライで届く!
※当選者には後日、Twitter公式アカウントからDMにてご連絡させていただきます。

【賞品】
・キャストサイン入りポスター:1名様
・ムビチケカード:10名様
・『女王陛下のお気に入り』ブルーレイ:10名様
・『シェイプ・オブ・ウォーター』ブルーレイ:10名様
・『スリー・ビルボード』ブルーレイ:10名様
・ジョジョ・ラビット (オリジナル・サウンドトラック) :3名様
・Google Home Mini:3名様
・App Store & iTunesギフトカード(3,000円分):3名様

【ご注意事項】
※参加いただく際は必ずアカウントの投稿を"公開"にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
※参加は1日に1回(参加する日の0時〜23時59分59秒の間に1回)までとなります。同日の0時〜23時59分59秒の間に既に参加済みの場合、応募が無効となります。ご注意下さい。
※当落の通知ツイートは、システムの仕様上24時間後に自動的に削除されます。予めご了承ください。
※システム上の不具合や参加アカウントの設定により、当落通知ツイートがお手元に届かない、届くまでに時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
※当選者にはDMにて賞品送付先をご入力いただく申込みフォームをお知らせいたします。Twitterアカウントの削除やフォロー解除をされますと当選無効となります。
※賞品の発送先は日本国内に限定させていただきます。
※当選権利はご本人様に限り、第三者への転売・譲渡および、換金はできません。
※応募内容に誤りや漏れがある場合や、虚偽の記載がある場合、無効となりますのでご注意ください。
※賞品の転売・譲渡(有償・無償を問わず)は禁止いたします。
※応募受付の確認・結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください。
※お一人様の複数アカウント利用や、bot機能などでの応募の不正行為を一切禁止します。不正行為をおこなった場合、当選が無効となりますので、予めご了承ください。
※当選者が提供した個人情報は、当社が管理し、賞品の抽選、賞品のために利用させて頂きます。目的外での利用および第三者(業務委託先を除く)への提供はいたしません。
※本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
※その他キャンペーンに関するお問い合わせ先は、campaign@gaie.jpまでお問い合わせください。

美しい母スカヨハが軍人サム・ロックウェルをひとひねり✌立派な兵士に憧れる心優しい少年ジョジョを 奇天烈で魅力的な人々がとりまく本編映像解禁!!

2019.12.25

立派な兵士になりたい主人公の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)をとりまく奇天烈な人々と戦時下とは思えないほど賑やかなやりとりが収められた本編映像が解禁!


アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)を空想上で友達にするくらい、軍に憧れを抱き、立派な兵士になりたい10歳の少年ジョジョが意を決して入隊したのは、同じ志を持つ青少年集団"ヒトラーユーゲント"。しかし心優しいジョジョはハードな訓練で失敗し顔に傷が残る大ケガを負う...。たった一人の家族である勇敢な母ロージー(スカーレット・ヨハンソン)は抗議に乗り込み、調子のいいオーラ全開で寄ってきたクレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)をかるく一蹴!本当は強い軍人になりたいのに、教官ミス(レベル・ウィルソン)らといっしょに、体の無理をしない室内での事務仕事を任命され戸惑うジョジョに、この先どんな運命が待ち受けているのか・・・!?

002b_JR_[04506-04506]_g_r709.0_R_リサイズ.jpg
戦時下のナチスドイツに実在した"ヒトラーユーゲント"は、その名の通りヒトラーに仕える理想的な青少年を生み出すことを目的に設立された組織。このシーンでもぴっちりと金髪を分け、もはや個性を失ったかのような大量の少年たちを"クローン"と呼ぶ皮肉を効かせているタイカ・ワイティティ監督「ジョジョがまだ何もわからない10歳の少年だということも重要だった。軍服に身を包み、一人前に扱われたいだけなんだ。実際にナチスは<かっこいいチーム>のメンバーになれると思わせて子供を洗脳した。戦前のドイツ精神に関する書物をたくさん読んだよ。言うべきことを言うにはひるまずに決死の覚悟で書かなくてはいけない」と力を込めてコメント。そんなワイティティ渾身の脚本には、ハリウッドのトップ女優スカーレット・ヨハンソン「(演じたロージーは)とても先進的な女性で、あの暗い時代を明るく照らす。同時にジョジョのことは大きな包容力で守るの。活力があり謎めいてもいるけれど、何より大事なのは根性があることよ」と母親像に惚れ込み、『スリー・ビルボード』(17)で第90回アカデミー賞助演男優賞を獲得したサム・ロックウェル「監督の頭にあった方向性は普通じゃなかったね。主役がナチスシンパの少年と聞いて最初は混乱したが、すぐに寛容と家族と人間性の物語であるとわかった。素晴らしい、洗練された映画だ」と一気に魅了されたことを明かしています。 徹底的で緻密な時代考証の土台のうえに、型破りで辛口なユーモア、そしてワイティティ監督の「今こそ無知に終止符を打ち、愛で無知に取って代わりましょう!」という最強の愛のメッセージが絶妙なバランスで浮かび上がる演出に名優・名女優も呼応し、史実は守りながらも大胆不敵にナチスへの既成概念をひっくり返す本作をお見逃しなく!

✌ NZが生んだエンターテインメントの天才 ✌ 世界が惚れ込むタイカ・ワイティティの才能を見逃すな!!

2019.12.22

本作で主演も監督も務めているのが、独特のセンスと創造力で次々と傑作を生み出し、マルチな才能で人々を魅了している監督・俳優のタイカ・ワイティティ

JR_09468_L_リサイズ.jpgのサムネール画像 熱狂的ファンの多いMARVELシリーズ『マイティ・ソー バトルロイヤル』で日本でも一躍その名が知れ渡った、気鋭のムービークリエイターであるワイティティ。ニュージーランド出身、日本でも今年社会現象となるほど連日話題をさらったラグビーW杯でのパフォーマンスが記憶に新しい"ハカ"を民族舞踊とする先住民族"マオリ族"の父親と、多くの民族によって非常に複雑で重厚な歴史を紡いでいる"ロシア系ユダヤ人"の母親という、映画界を見渡しても唯一無二といえるルーツを持つ人物。そんな多彩な伝統文化を受け継ぐ両親のもとで、他に類を見ないアンデンティティを確立したワイティティは、心を打つストーリーテリング、エッジの効いたユーモアセンス、小気味よいアクション演出、さらに色彩豊かでエモーショナルな映像まで、全てを絶妙なバランスで醸成させた快作を連発!センス抜群の作品を次々に発表して観る者を魅了しているワイティティは、自身の映画作りへの向き合い方について、「何度も観ているうちに、編集作業の最中などで、時には「これは作る価値があるのだろうか? 僕たちは一体何をやっているんだろう? 作る意味はあるのだろうか?」などと思うこともある。そして完成させた後にまた観てみると、「いや、意味はある。ここには大切なメッセージがあるぞ」と思える。映画を1本作るだけでも大変なのに、メッセージが込められていると感じる作品であれば尚更そうなんだ」と語っています。

TaikaWaititi.jpeg もちろんキャリアも輝かしく、2004年にはショートフィルム『トゥー・カーズ、ワン・ナイト』(現題・日本未公開)で第77回アカデミー賞短編映画賞にノミネート、2010年の『ボーイ』(現題・日本未公開)は故郷ニュージーランドの史上最高興行収入を塗り替える快挙を達成。すでに地元では英雄視されているワイティティを、当然ハリウッドのメジャースタジオも放っておくわけがなく、『マイティ・ソー』の次回作も引き続きメガホンを取り、Disney+作品『マンダロリアン』では最終話の監督を務めていたりと今後も注目作が目白押し!そんな引っ張りだこ状態のワイティティ、実はマオリ族をモデルにしたと言われるキャラクターを登場させ初稿脚本を書き上げた『モアナと伝説の海』(16)や、監督に決定したと報じられるもプロジェクトが遅遅として進まずに『マイティ・ソー』の次回作と重なったという実写版『AKIRA』など、途中離脱してしまったもののその<天才>的才能が息づく大作も豊富。すでに映画界になくてはならない存在と言っても過言ではない男なのです!

001_008_JR_[08452-08452]_g_r709.000000LR.jpg そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのワイティティが満を持して、4度アカデミー賞作品賞に輝き、今年で創立25周年を迎えるFOXサーチライトの元、第二次世界大戦中のドイツを舞台に戦時下に生きる人々の生きる歓びと人生の真実を弾けるユーモアとともに描き出した、かつてない壮大なヒューマン・エンターテイメントである本作。先ごろ発表された第77回ゴールデングローブ賞ノミネートで作品賞(ミュージカル&コメディ部門)にノミネートされ、ついにこの男が栄冠を手にする期待が高まっており、さらに早くもFOXサーチライトにて次回作『NEXT GOAL WINS(原題)』の製作に取り掛かっていることも発表されていることからも、スタジオも本作の仕上がりとワイティティの手腕に絶大なる信頼を置いていることが伺えます。「お決まりのパターンで語られる第二次世界大戦の映画はもう飽きられている。予想を裏切るような映画にしたかった。FOXサーチライトは良い映画を作っている賢い人達だから、話をしてすぐに、安心して任せられるということは分かっていたんだ!」と力を込めコメントしているワイティティの、<天才>と称される才能が存分に詰め込まれた、全世界が笑って泣いたこの傑作に、是非ご注目下さい!

映画初出演にして驚異のGG賞・主演男優賞ノミネート!!ローマンくん、スカヨハと息ぴったりの親子を好演!「愛は最強の力」名言の真意がにじむ本編映像解禁!

2019.12.18

映画初出演ローマン・グリフィン・デイビスが、スカーレット・ヨハンソンと、最強の力という"愛"について親子の会話を繰り広げ第77回ゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネートに相応しい堂々たる演技を見せる本編映像を解禁!


今回到着したのは、強く美しく聡明な母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)が、 "愛"という目に見えないものを理解出来ない少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)に「愛は最強の力よ」とまさに愛情たっぷりに伝えるシーン。アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)を空想上の友達にしてしまうくらい心酔し、「一番強いのはミサイルだ。次がダイナマイトで3番が筋肉。愛なんて見ても分からない」といっちょ前に反抗するジョジョですが、まだ靴紐すら自分で結べない若干10歳の少年でありロージーは「愛は目に見えなくても分かるわ。感じるの、痛いの。お腹の中で蝶が飛び回る感じ」と穏やかに伝えながら両足のひもを繋ぐイタズラで応戦。ジョジョはまだ理解できていないけれど、苦境の戦時下・ドイツにありながら、互いの言葉に愛が見え隠れしユーモアを忘れない親子のやり取りに希望を感じ、胸を打たれる、本作屈指の名シーンです!

027_JR_03288_g_r709_リサイズ.jpg
映画シーンを牽引する名女優スカヨハと絶妙なかけあいを見せ、一歩も引けを取ることなく熱演している少年こそ、いまや時の人となっているローマン・グリフィン・デイビス「一目見た瞬間にピッタリだと思った」とワイティティ監督が一目惚れし、何か月も続いていたこの役のオーディションを一瞬で終わらせたというローマンは、本作が映画初出演にして、レオナルド・ディカプリオ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)や、タロン・エジャトン(『ロケットマン』)など並みいるビッグ・スターたちと肩を並べてゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネートする快挙!ワイティティ「デイビスは本当に素晴らしい。信じられないほど聡明で、感受性が強く、周りの役者にも気を遣う。いつも質問してきて、他の役者の芝居の意味をとらえ、それが自分にどう関係してくるかを理解しようとする。だから自分の芝居にどんな気持ちで向かえば良いかをよく分かっている。これは場数を踏んだ役者でないとできないことですが、10歳のデイビスがちゃんとそれを考えているのは本当に驚くべきこと」と手放しで大絶賛するように、ナチュラルな初々しさをしっかり漂わせながらも、すでに1人の立派な俳優として観る者すべてのハートを鷲掴みにするローマン。オスカー戦線のダークホースに躍り出た驚異の新星と、ハリウッドのトップ女優が織りなす"最強の愛"を体現するこの親子から目が離せません!

『ジョジョ・ラビット』ファンアートキャンペーン開始!主演のローマンくんがあなたのイラストを選ぶかも!?イタずらし合う子役ふたりのキュートなおねだり映像も到着!!

2019.12.16

12月16日(月)から"ファンアートキャンペーン"が開始! それに先立ち、ゴールデングローブ賞ノミネートで世界中の注目を集める主演ローマンくんと、その親友ヨーキーを演じたアーチー・イェーツくんがイラスト募集を呼びかける特別映像が到着致しました!



「コンニチハ、ジャパン!」と日本のファンに語りかけるのは、主演の心優しいジョジョを演じたローマン・グリフィン・デイビスと、ジョジョの唯一の友だちヨーキーを演じたアーチー・イェーツのふたり。ローマンは本作が映画初出演ながら、レオナルド・ディカプリオ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)や、タロン・エジャトン(『ロケットマン』)など並みいるビッグ・スターたちと肩を並べて第77回ゴールデングローブ賞の主演男優賞に堂々ノミネートを果たし、一方のアーチーもDisney+作品として予定されているリブート版『ホーム・アローン』の主役に抜擢されたことが大々的に報じられている、いま最も世界中の注目を集める<天才>子役コンビ!

そんな2人が、16日(月)から始まるファンアートキャンペーンに先立ち、日本のファンに向けてイラスト募集を呼びかける特別映像が到着。本作をイメージしたオリジナルのイラストを投稿すると、なんとローマン本人が直接お気に入りの一枚を選び、最優秀賞を決定する予定!すでにアメリカをはじめ世界各国でも同様のキャンペーンが行われており、日本からもどんな素敵なイラストが届くのかを楽しみにしているローマンとアーチーが、「みんなのファンアートを投稿してね!当選したらTシャツもらえるよ!」と呼びかけながらお互いに"ジョジョ・ピース"でふざけ合う姿がなんとも愛くるしく、その初々しい様子の中にもGG賞ノミネート俳優としての堂々たる姿勢も垣間見られます。

アメリカ版ファンアートキャンペーン 『Jojo Rabbit』公式Instagram

アメリカ公式ファンアートキャンペーン
タイカ・ワイティティが演じるジョジョの空想上の友だちであるアドルフ・ヒトラーや、スカーレット・ヨハンソン演じる愛情深い母親ロージーなど愉快な登場人物や個性的な衣装が映える本作は、イラスト作りに打ってつけ!キュートなふたりを始めとするキャスト陣、ワイティティ監督に沢山のファンアートを届けてください!


✌『ジョジョ・ラビット』ファンアートキャンペーン 募集概要✌

▼キャンペーンサイト
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/fanarts/

▼募集期間
2019年12月16日(月)15:00~2020年2月16日(日)23:59まで

▼参加方法
TwitterもしくはInstagramからハッシュタグ「#ジョジョラビットアート」を付けて、映画『ジョジョ・ラビット』の印象的なシーンやキャラクターのイラストを描いて投稿。Twitterで参加する場合はFOXサーチライト・ピクチャーズ公式アカウント(https://twitter.com/foxsearchlightj)、Instagramで参加する場合はFOXサーチライト・ピクチャーズ公式アカウント(https://www.instagram.com/foxsearchlight_jp/)のフォローが必要。

▼プレゼント
・ローマン・グリフィン・デイビスが選んだ最優秀賞 : 1名様
 ⇒監督サイン入りポスター&非売品Tシャツ&非売品プレス
・優秀賞: 5名様
 ⇒オリジナルポスター&非売品プレス

<第77回ゴールデングローブ賞>2部門ノミネート✌ 作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス/ミュージカル・コメディ部門)!!!

2019.12.09

10月18日(金)から全米公開し現在8週目にしてトータル1,927万ドルまで数字を伸ばし現在公開中作品でトップクラスの勢いを保っています。さらに、10月23日(木)から公開のニュージーランドでは、その週末の全興行収入の42%を独占する大ヒットを記録し4週連続でNo.1を獲得!日本でも第32回東京国際映画祭の特別招待作品としてプレミア上映されると、観客が殺到し大盛況で、公開が待ち望まれています。

この度、現地時間12月9日に第77回ゴールデングローブ賞のノミネート発表があり、本作が作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と、主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス/ミュージカル&コメディ部門)の主要2部門にノミネートいたしました!

アカデミー賞に最も近いと言われるトロント国際映画祭の最高賞<観客賞>を受賞し、アカデミー賞大本命の1本として話題騒然の本作が、その前哨戦として最重要視され、世界中から注目を集めるゴールデングローブ賞においても作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス)の2部門で見事ノミネートを果たしました!

本作で監督・脚本を務めるタイカ・ワイティティの、『マイティ・ソー バトルロイヤル』をはじめ快作を連発し<天才>と称されるその恐るべき才能が、いよいよゴールデングローブ賞の栄冠に輝くのか!?

そして、今回のノミネートで最大級のインパクトを残したのが、映画初出演にして主演男優賞(ミュージカル&コメディ部門)に驚異のノミネートを果たした新星ローマン・グリフィン・デイビス!何か月も続いていた本作のオーディションを一瞬で終わらせたという逸話を証明するかのごとく、錚々たるオスカー俳優たちと並んでのノミネートを果たしており、ここから本格化するアカデミー賞レースを『ジョジョ・ラビット』が席巻する予感を漂わすノミネート結果となりました!

第77回ゴールデングローブ賞授賞式は、日本時間1月6日(月)に開催予定です。
✌第77回ゴールデングローブ賞 ノミネート結果✌

作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス/ミュージカル・コメディ部門)

タイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』感涙必至のオリジナル・サウンドトラックが 1月17日(金)に発売決定!!!

2019.12.06

公開日の1月17日(金)にオリジナル・サウンドトラックが発売されることが決定致しました!

サウンドトラック_jk.jpg
オリジナル・サウンドトラックには、今もなお愛されるザ・ビートルズやデヴィッド・ボウイ、トム・ウェイツをはじめとする世界的アーティストの楽曲と、『カールじいさんの空飛ぶ家』でオスカーを獲得したマイケル・ジアッキーノ作曲のテーマ曲(インストゥルメンタル)等も収録される。こちらの選曲はタイカ・ワイティティ監督自らが担当。ジャンルも、ロック、クラシック、ラテン・ミュージック、ジャズ、ポップスと多岐にわたる上に、ザ・ビートルズの「抱きしめたい」や、ボウイの「ヒーローズ」は、貴重な音源であるドイツ語バージョンであえて収録されるなど、こだわりぬかれたトラックリストになっている。また、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、そしてハイチ語と、1枚のCDでなんと5言語もの歌が聴けるという点も、本作で描かれているテーマと時代性を色濃く反映している。

第二次世界大戦下のドイツ人少年が体験する生きる喜びと人生の真実を熱く物語る名曲の数々を楽しめるこちらのオリジナル・サウンドトラックは、映画公開の1月17日(金)と同日リリース。さらに、デジタル版は、CDと同内容の『ジョジョ・ラビット オリジナル・サウンドトラック』と、インストゥルメンタルを収録した『ジョジョ・ラビット オリジナル・スコア』の2形態で、各音楽配信ストアにて好評配信中。


■『ジョジョ・ラビット』オリジナル・サウンドトラック 商品情報
<CD>
UWCD-1073
ヴァリアス・アーティスト
1月17日(金)発売 2,500円
歌詞・対訳・解説付き
https://www.universal-music.co.jp/p/uwcd-1073/

<デジタル版>
『ジョジョ・ラビット オリジナル・サウンドトラック』 ヴァリアス・アーティスト 好評配信中
https://VA.lnk.to/jojo_ostLE
『ジョジョ・ラビット オリジナル・スコア』 マイケル・ジアッキーノ 好評配信中
https://lnk.to/jojo_oscZJ

■トラックリスト
1. 抱きしめたい(ドイツ語版) - ザ・ビートルズ
2. タブー - レクオーナ・キューバン・ボーイズ
3. ディプシー・ドゥードゥル(feat.チック・ウェブ・アンド・ヒズ・オーケストラ) - エラ・フィッツジェラルド
4. 大人になんかなるものか - トム・ウェイツ
5. エヴリバディズ・ガッタ・リヴ - ラヴ
6. ママ (ドイツ語版) - ロイ・オービソン
7. ヒーローズ (ドイツ語版) - 2002 Remaster - デヴィッド・ボウイ
8. ジョジョのテーマ - マイケル・ジアッキーノ
9. 歌劇《ファウスト》から ワルツと合唱 - ロジェ・ワーグナー、ハリウッド・ボウル交響楽団
10. 蝶の羽根 - マイケル・ジアッキーノ
11. ローズのノクターン - マイケル・ジアッキーノ
12. ワルツ 《春の声》 作品410 - ウィーン少年合唱団(指揮者:ゲラルト・ヴィルト)

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation & TSG Entertainment Finance LLC
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。
利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。