ニュース|映画『ジョジョ・ラビット』公式サイト

TOPICS

愛は最強!ジョジョ・ラビットが最高! 10歳の少年ジョジョの勇姿に日本中が笑い涙! 全国で満席続出の大ヒット ✌

2020.01.20

土日2日間で動員数36,598人、興行収入51,145,150円、
金曜日からの3日間で動員数48,996人、興行収入67,802,400円を記録する大ヒットスタート!


メイン_010_JR_[00752-00752]_g_r709.000000_R_small.jpgのサムネール画像のサムネール画像 世界中の大ヒット、そして第92回アカデミー賞6部門ノミネートの報によりいっそう注目を集めていた本作は、公開初日の金曜日には朝一の回の上映終了からさっそくSNS上で感動と絶賛の声が拡がりはじめ、 「あまりにおかしく、あまりに美しく、あまりに優しい映画だった。アカデミー作品賞はこれでしょう」、「今年ベストでは? 久々にこんなに泣いた。ジョジョが見たり経験した世界がとても美しい」、「毎日退屈でもいい映画に出会えたら最高に幸せな気分になるね。ジョジョ・ラビットよかった〜〜」、「昨日まではパラサイト・半地下の家族のことばっか考えてた。今からきっとジョジョ・ラビットのことばっかり考えるだろう」、「アカデミー作品賞は『パラサイト超面白いけどジョーカーもあるしなあ。フォードVSフェラーリも面白かったし』てな感じで捉えてたけど、ジョジョ・ラビットの大差勝ちのぶっちぎりだったという衝撃」と深夜までその波は止まらず、各レビューサイトでも圧倒的な高評価をたたき出しています。日本では、いずれもアカデミー賞を受賞し大ヒットした、過去のサーチライト作品を上回るオープニングとなり、公開3日間(金〜日)興収対比で、「スリー・ビルボード」(最終興収3.9億)の105.7%、「女王陛下のお気に入り」(最終興収2.75億)の130.5%、「グランド・ブダペスト・ホテル」(最終興収3.5億)の130.8%となっています!

老若男女すべての世代を幅広く動員しながら、土曜日には都心で雪もチラつくほどの寒さを吹き飛ばし早々に満席の回が続出する盛況ぶりを受け、さっそく20日(月)からはキャパシティを拡大する劇場多数!

日本時間2月10日に控える第92回アカデミー賞授賞式でも受賞の期待が日に日に高まっている本作が、どこまで数字を伸ばすのか大きな注目が集まっています。


✌ 『ジョジョ・ラビット』興行成績 ✌
(全国143スクリーン)  ※興行通信社調べ
1/17(金) 動員:12,398人 興収:16,657,250円
1/18(土) 動員:18,524人 興収:25,872,150円
1/19(日) 動員:18,074人 興収:25,273,000円
3日間累計 動員:48,996人 興収:67,802,400円

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation & TSG Entertainment Finance LLC
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。
利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。