ニュース|映画『女王陛下のお気に入り』公式サイト

映画評論家の町山智浩が貴族コスチュームで登壇!「衣装、撮影全て素晴らしい」「女優3人の『大奥』的演技合戦が見どころ」と大絶賛!

2019.01.30

昨日、映画評論家の町山智浩さんをお呼びして、『女王陛下のお気に入り』トークイベントが開催されました。  

IMG_5987.jpg

---------------------------------------------- 
◆日程:1月29日(火)20:30~:20世紀フォックス試写室 
◆登壇者:町山智浩(映画評論家) 

会場は50席ほどの席数に1000人以上の応募があり、かなりの倍率を勝ち抜いた熱いお客様達がいる中、白塗りの顔と白い髪、貴族のコスチュームで町山智浩が登壇!「バカ殿じゃないですよ」と、笑いを取りつつ、上映後の試写ということで、お客さんから感想を募った。

 「撮影が不思議。宮殿の話だけで話が進んでいて面白かった。」などのコメントが出ると、町山は「映画の中で一番気になったのが、男性がメイクをバッチリしていて、反対に女性がほぼスッピンなんですよね、しかも男はゲス野郎ばかり。撮影の仕方も変だなとみなさん思っていたと思いますが、後ろの柱が歪んでいたりするのは、魚眼レンズで撮っているからなんです。その他、地面から撮ったり、上から煽るように撮っていたり。それは「変に撮れ!」と監督からの指示なんですよ(笑)でも美しかったですよね。絵画のように素晴らしい。しかも、昼間は窓からの光、夜は蝋燭の光、全て自然光で撮っている。照明もいらないし、宮殿のみでの撮影だから、実は低予算映画なんです。」と撮影秘話を暴露。 

R1010202.JPG

「(衣装に関しては)時代考証は全く無視して、この時代になかった化繊素材やデニムを使っていたり、キャストも白か黒しか着ていない。全員が一つのトーンでコーディネートしているところも、現実的ではない。戦争推進派と否定派はカツラの色を変えたりとか、史実と違ったことも多かったですが、アカデミー賞衣装賞は取りますね。」と、絶賛。

 「映画では、アン女王をダメな人のように描いていますが、子供が17人も亡くなっていてかわいそうな人なんです。その象徴的存在としてウサギが使われている。今までの作品を観ても監督は動物を使うのが得意なので、今回も監督らしいですよね。この映画は最多ノミネートを取っていてアカデミー賞最有力なんです。ただシニカルで皮肉なところがとてもイギリス的なので、アカデミー賞はアメリカの賞ですしどうでしょうね。」とアカデミー賞に対しては微妙なコメント。  

R1010211.JPG

「『出てくるやつはみんな悪』って、アウトレイジじゃないんだから(笑)。最初、アビゲイルは弱々しいから、みんな同情して感情移入する。ただ、だんだん強くなっていって、あれ?と思うでしょう。サラは最初から意地悪だけれど、よくよく観ていくと悪気があるわけではない。女王はサラに暴言を吐かれても、あらゆるところで頼っていた。反対にアビゲイルはおべっかがすごい。サラはダメなことははっきり言うけれど、アビゲイルは女王を甘やかしていく。この『大奥』みたいな設定がすごい映画なんです。さらに女優3人が全員アカデミー賞にノミネートされていて、演技合戦がすごい。」と語り、大盛況の中イベントは終了しました。
 ----------------------------------------------

『女王陛下のお気に入り』全キャストが監督を絶賛!アカデミー賞助演女優賞候補のエマ・ストーンが語る「独自の視点を持った人と一緒に働くのは楽しいわ」

2019.01.24

『女王陛下のお気に入り』 第91回アカデミー賞、最多タイ10ノミネート! 

本年度アカデミー賞監督賞にもノミネート!今最も注目されるギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス監督を、全キャストが絶賛する特別映像が解禁いたしました。

   

この度解禁された特別映像では、ヨルゴス・ランティモス監督に信頼を寄せる三女優やハーリー役のニコラス・ホルト、マシャム役のジョー・アルウィンのコメントを紹介。

 今年度のアカデミー賞、助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンは「独自の視点を持った人と一緒に働くのは楽しいわ。」と語り、ジョー・アルウィンは「彼の作る世界は突拍子もないけどすばらしい」と大絶賛している。

----------------------------------------------------------------------- 
<映像コメント>  

○ヨルゴス・ランティモス監督 
複雑で個性的な3人の女性を、主人公にするアイデアに興味をそそられた。

 ○レイチェル・ワイズ 
本作は監督が綴る歴史よ。 彼が手掛ける作品には、不思議と独特な調子が生まれる。 これまでに見たことのない映画よ。 

 ○エマ・ストーン 
独自の視点を持った人と一緒に働くのは楽しいわ。  

○オリヴィア・コールマン 
彼の頭の中は誰にも読めない。 人生は常に勉強だけど、彼からは大量に学べる。 

○ニコラス・ホルト(ハーリー役) 
常に別の視点を求めてる。だから新鮮に感じる。 全員が全幅の信頼を寄せて、監督に身を預けてた。 

 ○ジョー・アルウィン(マシャム役) 
彼の作る世界は突拍子もないけどすばらしい。
------------------------------------------------------------------------

【第91回アカデミー賞】作品賞・主演女優賞含む最多タイ10ノミネート!直前予想のとおり、女王は強し!

2019.01.22

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』が、2月15日(金)より全国ロードショー!

アン王女.jpg
☆直前予想のとおり、女王は強し!最多タイ10ノミネート!

ベネチア国際映画祭でのW受賞、ゴールデングローブ賞のオリヴィア・コールマンの主演女優賞など、世界の主要映画賞の受賞が相次ぐ本作は、第91回アカデミー賞ノミネートにおきまして、この度【作品賞/監督賞(ヨルゴス・ランティモス)/主演女優賞(オリヴィア・コールマン)/助演女優賞(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)脚本賞(デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ)/編集賞(ヨルゴス・モヴロブサリディス)/衣裳デザイン賞(サンディ・パウエル)/美術賞(フィオナ・クロムビー)/撮影賞(ロビー・ライアン)】の見事最多10ノミネートを果たしました!

レディサラのサムネール画像
☆最上級の受賞歴をもつ三女優の演技合戦!豪華絢爛な宮廷物語

主人公アン女王を演じるオリヴィア・コールマンは、ゴールデングローブ賞/エミー賞に輝く名女優。貴族への返り咲きを狙う召使のアビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・ストーン、女王の幼なじみで親友のレディ・サラには同じくオスカー女優のレイチェル・ワイズという、最上級の冠をもつ三女優の演技が激突!美しい宮廷を舞台に繰り広げられる、三人の女たちの複雑な関係性を、本物の宮殿でのロケを敢行し、美術品のように美しい衣裳とともに描き、公開各国で大ヒットを記録中!なかでも全米では9週目となる今週もTOP20にチャートイン中で、興行収入を2,300万ドルにまで伸ばすロングラン大ヒットになっています。

☆いよいよアカデミー賞本線へ!行方をお見逃しなく!

最多13部門ノミネートの英国インディペンデント映画賞で、作品・監督・主演女優・助演女優の主要カテゴリーを含む新記録となる10部門での受賞を達成したのを皮切りに、すでに世界の映画賞で91受賞、288ノミネートを達成(1月22日時点)。特に主演女優賞22受賞を含む、44の演技賞受賞を果たし、賞レースに"女王"が君臨!このままアカデミー賞までトップランナーとして疾走します!なおアカデミー賞の発表は、2月25日(日本時間)となりますので、ぜひともご注目下さいますようお願いします。

アビゲイル_サブ.jpgのサムネール画像

『女王陛下のお気に入り』特別映像解禁!女たちの複雑な関係性を名女優3人が語る! エマ・ストーン「3人の女性を中心に精巧に描かれた、とても特別な物語よ。」

2019.01.18

18世紀初頭のイングランドを舞台に巻き起こる、絡み合う女たちの複雑な関係性を女優3人が本編映像と共に紹介する特別映像が解禁いたしました!
   

エマ・ストーンは「3人の女性を中心に精巧に描かれた、とても特別な物語よ。」と話し、エマに敵対する役を演じたレイチェル・ワイズは「あらゆることが描かれている作品。とても複雑で二転三転する。とても濃くて複雑な人間関係よ。」と本作について語っています。
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
<映像コメント>  
○ヨルゴス・ランティモス監督 
歴史映画はモダンに感じられるから面白い。今も昔も変わらない。 人間の営み、社会、権力についての気づきを、観る者にもたらしてくれるそんな作品だ。 "現代生活と変わらない"と思ってもらえるよう、あらゆるものをゼロから見直して本作を作った。

 ○レイチェル・ワイズ 
あらゆることが描かれている。 政治、性の政略、駆け引き、権力争い、感情的欲求、感情的依存、他者への支配、とても複雑で二転三転する。 痛み、優しさ、怒り、庇護、すべてが詰まってる。 とても濃くて複雑な人間関係よ。 

 ○エマ・ストーン 
3人の女性を中心に精巧に描かれた、とても特別な物語よ。  

○オリヴィア・コールマン 
3人だと必ず2対1になる。だから難しいの。 

○マーク・ゲイティス(モールバラ公役) 
いつの時代も人は寵愛を求めて争う。 権力を独占していた者がある時、寵愛を失う。
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

『女王陛下のお気に入り』特別映像解禁!オリヴィア・コールマン「3人の関係の描き方がとても斬新ですばらしいストーリー」と大絶賛!

2019.01.10

美しい宮廷を舞台に巻き起こる、女たちの愛と権力を巡る複雑な関係性を、ヨルゴス・ランティモス監督、3人の女優のインタビューと共に紹介!

先日発表されたゴールデングローブ賞では、オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞。ベネチア国際映画祭では、銀獅子賞(審査員大賞)、女優賞のダブル受賞を果たし、アカデミー賞最有力との呼び声も高い本作の特別映像が解禁いたしました。

 
監督は「3人とも複雑なキャラクターに仕上げた。」と見どころを説明すると、オリヴィア・コールマンは「3人の関係の描き方がとても斬新よ。すばらしいストーリーだわ。」と大絶賛しています。
 ----------------------------------------------------------------------
 <映像コメント> 
 ○ヨルゴス・ランティモス監督 
3人の女性全員を主人公にするアイデアに興味をそそられた。 見どころは何と言っても複雑さだ。
3人とも複雑なキャラクターに仕上げた。 どんな悪さをしても共感できる。 本作には特定の悪役も、被害者もいない。悪役と被害者がコロコロ変わっていく。 

 ○オリヴィア・コールマン
 3人が平等に描かれている。愛と権力を巡る物語よ。 3人がどうなるか最後までわからない。 3人の関係の描き方がとても斬新よ。 すばらしいストーリーだわ。 

 ○エマ・ストーン  
誰もが欠点だらけで滑稽だけど、一筋縄ではいかない。 全員が自分なりの理由で動いている。  

○レイチェル・ワイズ  
パワーバランスと支配権を巡る争いよ。 アビゲイルは生きるためでも、レディ・サラにとってはただの泥棒猫よ。
 ----------------------------------------------------------------------

第76回ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞!主演女優賞オリヴィア・コールマン(ミュージカル・コメディ部門)

2019.01.07

三大女優の競演による豪華絢爛な宮廷物語 『女王陛下のお気に入り』
 第76回ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞!
演女優賞オリヴィア・コールマン(ミュージカル・コメディ部門) 

全米公開中の本作(日本公開 2月15日)は、11月23日の米公開から2017年-2018年公開作品の館アベレージ最高記録をたたきだし、7週目を迎えた北米は1月6日(日)時点で興行収入を1940万ドルにまで伸ばし、1月1日から公開のご当地イギリスも昨年の『スリー・ビルボード』、『シェイプ・オブ・ウォーター』を大幅に凌ぐ、608万ドルの大ヒットスタートを果たしています。

ベネチア国際映画祭でのW受賞を皮切りに、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/主演女優賞(オリヴィア・コールマン:ミュージカル・コメディ部門)/助演女優賞(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)Wノミネート/脚本賞(デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ)の主要賞4部門5ノミネートされていました第76回ゴールデングローブ賞におきまして、この度主演女優賞(オリヴィア・コールマン:ミュージカル・コメディ部門)で予想通りの受賞を果たしました! 

アン&サラのメイン写真.jpgのサムネール画像
最多13部門ノミネートの英国インディペンデント映画賞で、作品・監督・主演女優・助演女優の主要カテゴリーを含む新記録となる10部門での受賞を達成したほか、今回のゴールデングローブ賞を含めてすでに73受賞、219ノミネートを達成し(うち作品賞6受賞、主演女優賞15受賞)、完全に他を寄せ付けない強さを見せている本作は、まさに"女王"。このままアカデミー賞までトップランナーとして疾走します!

主人公アン女王を演じるオリヴィア・コールマンはゴールデングローブ賞/エミー賞に輝く名女優。貴族への返り咲きを狙う召使のアビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞(R)主演女優賞を受賞したエマ・ストーン、女王の幼なじみで親友のレディ・サラには同じくオスカー女優のレイチェル・ワイズという、最上級の冠をもる三女優が集結。美しい宮廷を舞台に、三人の女たちの複雑な関係性を、豪奢なセット、美術品のように美しい衣裳、光とともに描きだし、大喝采を浴びております。なおアカデミー賞のノミネート発表は、日本時間 1月22日(火)予定ですので、ぜひご注目下さい!

TM © 2018 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。
利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。