ニュース|映画『女王陛下のお気に入り』公式サイト

【第91回アカデミー賞】作品賞・主演女優賞含む最多タイ10ノミネート!直前予想のとおり、女王は強し!

2019.01.22

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』が、2月15日(金)より全国ロードショー!

アン王女.jpg
☆直前予想のとおり、女王は強し!最多タイ10ノミネート!

ベネチア国際映画祭でのW受賞、ゴールデングローブ賞のオリヴィア・コールマンの主演女優賞など、世界の主要映画賞の受賞が相次ぐ本作は、第91回アカデミー賞ノミネートにおきまして、この度【作品賞/監督賞(ヨルゴス・ランティモス)/主演女優賞(オリヴィア・コールマン)/助演女優賞(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)脚本賞(デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ)/編集賞(ヨルゴス・モヴロブサリディス)/衣裳デザイン賞(サンディ・パウエル)/美術賞(フィオナ・クロムビー)/撮影賞(ロビー・ライアン)】の見事最多10ノミネートを果たしました!

レディサラのサムネール画像
☆最上級の受賞歴をもつ三女優の演技合戦!豪華絢爛な宮廷物語

主人公アン女王を演じるオリヴィア・コールマンは、ゴールデングローブ賞/エミー賞に輝く名女優。貴族への返り咲きを狙う召使のアビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・ストーン、女王の幼なじみで親友のレディ・サラには同じくオスカー女優のレイチェル・ワイズという、最上級の冠をもつ三女優の演技が激突!美しい宮廷を舞台に繰り広げられる、三人の女たちの複雑な関係性を、本物の宮殿でのロケを敢行し、美術品のように美しい衣裳とともに描き、公開各国で大ヒットを記録中!なかでも全米では9週目となる今週もTOP20にチャートイン中で、興行収入を2,300万ドルにまで伸ばすロングラン大ヒットになっています。

☆いよいよアカデミー賞本線へ!行方をお見逃しなく!

最多13部門ノミネートの英国インディペンデント映画賞で、作品・監督・主演女優・助演女優の主要カテゴリーを含む新記録となる10部門での受賞を達成したのを皮切りに、すでに世界の映画賞で91受賞、288ノミネートを達成(1月22日時点)。特に主演女優賞22受賞を含む、44の演技賞受賞を果たし、賞レースに"女王"が君臨!このままアカデミー賞までトップランナーとして疾走します!なおアカデミー賞の発表は、2月25日(日本時間)となりますので、ぜひともご注目下さいますようお願いします。

アビゲイル_サブ.jpgのサムネール画像

TM © 2018 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
本ウェブサイト(サイト内のあらゆる構成要素を含め)をご利用いただいた場合には、新しい利用規約および個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。
本ウェブサイトの掲載内容は販売、交換、譲与してはなりません。
利用規約に別段の定めがある場合を除き、これらの掲載内容の複製、改ざん、出版、その他の移転は禁止されています。